« 米緊急利下げ! | トップページ | 東京ディズニーランド2008年5月の混雑予想 »

2008年1月24日 (木)

嵐は去ったか

為替相場は漸く落ち着いたような印象、株式相場も堅調、嵐は去ったような雰囲気です。

もちろん、何かサプライズがあれば短時間のうちに2円くらいの変化は起きてしまう状況、それだけに円売りに積極的に動くにはまだまだでしょう。

財務省発表の2007年の貿易統計では、戦後初めて対中貿易額が対米貿易額を上回ったそうです。サブプライムローン関連で活気のないアメリカに比べて好調な中国相手に活発な商売が行われたようです。

これだけだとアメリカ没落とか、「アメリカ・パッシング」なんて表現になりそうですが、中国はまだバブル崩壊もサブプライム・ショックも経験していませんし、オリンピック後にどうなるか、波乱がありそうな気もします。

そういうときに我々はどう対処しましょうか。最近は「有事の円買い」のような状況になっていますが、何時までもそうではないでしょう。アメリカがサブプライム・ショックから立ち直った暁には、再び「有事のドル買い」が起こるのではないでしょうか。

もし資金に余裕があるなら、そろそろ少しずつドルを買い下がるのも良いと思います。

Banner_03 応援クリックいただけたら幸いです。

|

« 米緊急利下げ! | トップページ | 東京ディズニーランド2008年5月の混雑予想 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/10050649

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐は去ったか:

» 借金 一本化 [借金 一本化]
はじめまして。ローン・おカネ・カードなどに関するRSS情報を定期的に収集しているため、トラックバックをさせていただきました。宜しくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2008年1月25日 (金) 03時12分

« 米緊急利下げ! | トップページ | 東京ディズニーランド2008年5月の混雑予想 »