« ドル円上がるか? | トップページ | 今夜は米雇用統計 »

2007年12月 5日 (水)

カナダ利下げ

為替相場は非常に中途半端な位置で上下しています。円高・円安どちらに行くか見当がつきません。個人的には手を出しづらい状況です。

昨日カナダが政策金利を4.50から4.25%に引き下げました。オーストラリアは本日金利据え置きながら世界の景気後退について言及。アメリカは更なる利下げがほぼ確実。イギリスも利下げ方向に傾きつつある・・・

アメリカサブプライムローン問題をきっかけに世界的に景気が悪化、解決しなければ世界的に金利低下に向かうでしょう。

FX投資家にとっては、冬の時代の到来といった印象です。この局面でのスワップ目的の買いは控えたいところです。しかし、いつかは春が来るはずです。その辺りを見極めながら、底値で少し買ったり、短期トレードの腕を磨きたいと思います。

Banner_03_2 永遠に儲かる投資も無いとは思っています。

|

« ドル円上がるか? | トップページ | 今夜は米雇用統計 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/9264755

この記事へのトラックバック一覧です: カナダ利下げ:

« ドル円上がるか? | トップページ | 今夜は米雇用統計 »