« ドルとユーロ | トップページ | ポン様もですか »

2007年12月19日 (水)

冬になり、体調を崩す人が多くなってきたようです。

我々若い者は風邪くらいで済みますが、お年寄りでは生命の危機に瀕するような状況に陥る人が少なくありません。持病を抱えながらも何とか暮らしていられた人が、風邪が契機か知りませんが持病を大きく悪化させて入院します。或いは、急に心臓が止まってしまったとか。

某リゾート地で勤めていた頃は、温泉入浴中に心肺停止を起こして運ばれて、治療に反応せずご臨終、ご家族からは「だからあれほどお酒を飲んで風呂に入るなと・・・」という方が多かったです。旅行先では気持ちが緩みがちです。気をつけなくてはいけません。

今日も非常に重症の方が入院となりました。病院では、患者さんの治療も大変ですが、病室が一杯になっていて空きを作るのが大変になってきています。最近の寒さで具合を悪くする人が多くて病室が埋まり、普段は使わない特別室に移ってもらったりして何とか入院を入れました。でももう限界です。

診療報酬が0.38%ageとのことですが、それで何が出来ると? 産科小児科救急の崩壊を防ぐほど厚くするなら、内科はマイナスでしょう。次に崩壊するのは外科、内科と言われています。

そんな閉塞感を感じながら日々仕事しています。

そこでFXなんですが、こちらもあまり芳しくありません。年末で市場参加者が減り、動意の乏しい状況です。それだけにちょっとしたニュースをきっかけに大きく動くこともあり、勝負しづらいです。

年末は、あまりリスクを取らずにやっていきたいと思います。

Banner_03 皆さん、健康には気をつけて。うがいと手洗いを忘れずに。

|

« ドルとユーロ | トップページ | ポン様もですか »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/9477328

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ドルとユーロ | トップページ | ポン様もですか »