« 塾長の円高宣言 | トップページ | GS恐るべし »

2007年12月12日 (水)

診療報酬と年金とFOMC

来年度診療報酬の本体部分は、0.1~0.2%のプラス改定だそうです。

まあ、どうにもならんでしょう。11月6日にも書きましたが、この程度のプラスは、この先2年間のインフレで軽く吹っ飛ぶでしょう。まして、崩壊寸前あるいは既に崩壊した産科・小児科・救急を立て直すのは絶対不可能です。

あと、宙に浮く年金問題で、桝添大臣が開き直りなどと報道されていましたが、年金記録の照合が一部不可能って、そんなことは選挙前から分かっていました。それでも選挙公約では、「出来る」と言わざるを得ないところが悲しい。

で、今更言うまでもないことですが、年金が宙に浮いた原因は、年金記録オンライン化の際に自治労が労使協定で職員の仕事量を制限して杜撰な仕事になったため。その自治労が支持するのは民主党。そんな民主党が身内のことは一切言わずに内閣を批判と。

党の支持団体のスキャンダルを公表する義務はないのでしょうが、まあ、責任ある政党とは言えないでしょう。与党も反撃すればいいじゃないかと思うのですが、何かタブーなんですかね?

結局何が言いたいかというと、自分の財産は自分で作り、守らなくてはならない、ということなんですね。

昨夜はFOMC。政策金利と公定歩合を0.25%下げましたが、公定歩合が0.5%引き下げが期待されていたために失望売りとなり、リスク回避の流れから円の全面高となっています。

自分は朝起きたら

(つд⊂)ゴシゴシ →  (゚Д゚)ポカーン

だったわけですが、起きていた人は、きっとウハウハだったでしょう。

今日の日中は逝って来いな流れですが、

「随分円安になったけど、まあ残しておこう」という数日前の指値GBP/JPY L @226.05が刺さったので、適当なタイミングで決済したいと思います。

Banner_03 たまには利確しておかないと、AUD/JPY L @100.19の糞ポジみたいなことになるので・・・

|

« 塾長の円高宣言 | トップページ | GS恐るべし »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/9368163

この記事へのトラックバック一覧です: 診療報酬と年金とFOMC:

« 塾長の円高宣言 | トップページ | GS恐るべし »