« ドル円は円の買い持ち優勢 | トップページ | 依怙地と泰然は結果論 »

2007年11月20日 (火)

NYダウ13,000割れ

おはようございます。昨夜はシティグループの格付け下げの影響でNYダウが、8月のサブプライムショック第一波の時以来の13,000円割れとなりました。

おかげでUSD/JPYのポジは救われてきましたが、USD/JPYの動きは、既にドル売り持ちに傾いていただけに1円程度の円高でしたが、むしろクロス円、特に豪ドルは豪ドル買い持ちが多かっただけに2円も円高になりました。

処分してしまったUSD/JPYが悔やまれます。これを残していれば、AUD/JPYの損をほぼヘッジ出来ていたのに・・・

さて、これからどこまで逝くか。個人的にはクロス円が崩れるのではないかと思っています。チャートと20日移動平均線の位置関係では、8月16・17日の円高の時に比べて、EUR/JPY、AUD/JPY、NZD/JPYは、まだまだ下がる余地がありそうです。そのあたりにショートを仕込んでおくのが良い気がします。

Banner_03 羊の糞ポジ化ケテーイ!  orz

|

« ドル円は円の買い持ち優勢 | トップページ | 依怙地と泰然は結果論 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/9022336

この記事へのトラックバック一覧です: NYダウ13,000割れ:

« ドル円は円の買い持ち優勢 | トップページ | 依怙地と泰然は結果論 »