« 今度は英国 | トップページ | 時代はユーロ »

2007年9月15日 (土)

USD/JPYの予想

昨夜は結局逝って来いでしたね。アメリカの指標が良かったり悪かったりで、USD/JPYで1円くらい動いて、最後には大方元に戻った感じです。
自分は21:30の指標の直前直後で2枚ずつUSD/JPYショート、7,000円くらいのプラスになりました。もう少し粘ろうと思っていましたが、妻から、「為替を始めてから人相が悪くなった」と言われて撤収しました。今回はこれが幸いしたわけですが。

USD/JPYは、日足では順調に切り下げてきています。20日移動平均線を上抜け出来ずにいます。18日のFOMCの結果が良くても悪くてもドル安、という気がします。
吉田恒レポートでは、年内にUSD/JPYが100-105円になりそうだとのことです。早いか遅いかの問題だと。あんまり急だと困るのですが、急激に動くには、ロンガー達の投げ売りが無いと成り立たないので、8/16-17を過ぎた今となっては、ゆっくり進むと予測します。気の早い話ですが、この先ジリジリと円高が進み、日本の冬のボーナスが入って底を打つのではないかと思うのですが、如何でしょうか。

Banner_03_2 やっぱり、ショートはすぐ決済が楽ですね。

|

« 今度は英国 | トップページ | 時代はユーロ »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/7950438

この記事へのトラックバック一覧です: USD/JPYの予想:

« 今度は英国 | トップページ | 時代はユーロ »