« FOMC後 | トップページ | ドル・カナダ大接近 »

2007年9月19日 (水)

塾長のお言葉

酒匂塾長が、初級者に陥りやすい罠として、以下の5点を指摘されました。

1)ポジションを取って、いい方向に行くと嬉しくて、直ぐに利喰ってしまう。
  逆の方向に行くと妙に我慢して、利益はちょっと、損失は大きい傾向がある。
2)ついつい、レバレッジを大きくしてしまって、気が付いたら思ったより大きい損失を出してしまう。
3)一旦利喰ってスクェアーにしたのだが、ついつい、同じようなレベルでまたポジションを持ってしまい、結局それが反対方向に行ってしまって、終わったら損失になっていた。
4)損切りをするともろに実現損が出るので、我慢している。
  その内、戻ってくれたらいいな、と思っている。
  (で、結局戻らずに損失が膨らんだ。=今回の円高局面が典型的なケース。)
そして、
5)今乗っているマークXは結構気に入っているが、FXでちょいと儲けて、セルシオに買い換えよう。そうだ、最高級のハイ・ブリッド車にしよう。
と思っている。

結構、“あれ、私のことを言っている!”と思っている方が多いでしょう!

自分ではどうだったでしょう。

1) よくあります。反省しきりです。

2) 3月5日に投げ売りしてから、難平はしなくなりました。そこでトムボーイ戦術なるものを考えたわけですが・・・あまり役に立ちませんでした。しかし、8月16/17日に難平していたら本気で退場の憂き目に遭っていたわけですから、まあ、この点は合格でしょう。高レバレッジ取引はあくまで短期で。やってはいますが、勝率が低いです。orz

3) ポジポジ病ですね。

一旦、利喰いにしろ、損切りにしろ、ポジションをスクェアーにしたら、様子を見なさい。
でなければ、中途半端なところで利喰うな。
或いは損切りをしたのなら、暫く頭を冷やせ。
直ぐに、ポジションを再構築してはいけない。

とても耳が痛いです。今週はポンドが乱高下していますが、231円ロングが下がって損切り、229円で買い直しても下がったので損切り。それが一晩経ったら233円になっていた・・・塾長の言葉を読まなかったら、この233円で追っかけ買いをしていたところでした。頭を冷やさなくては。

4) 損切りはしています。最近は。
困るのは、くりっく365以外だと、税金の問題があります。損失が翌年に繰り越せないので、損失を確定すると単年度赤字となり、翌年に取り戻すのが大変になります。税率50%の人なら、翌年に2倍稼がないと損失を埋められない。難しいですね。

5) ちょっと前までそう思っていました。

>機関投資家・銀行のディーラーを始め、プロの投資家があらゆる知恵を絞って、為替・株・債券・不動産などの商品に投資して(たった?)年間5-6%の利益を上げようと必死に頑張っているのをご存知かな?
>それを、素人である貴方がFXで50%の利益を上げたい?
>Give me a break.=(ちょっと、待ってよ!)
>出来っこないって!
>終わってみると、マークXを売って、カローラも買えなくって、チャリンコ=(自転車)になる可能性大。

結論:

>地道に行きましょう。
>余っている資金(余資)の効率的な運用に終始しましょう。
>そうしている内に、意外に大きな利益チャンスが生まれるかも知れません。

まさに金言ですね。そして、自分が初級者の域を出ていないことも、はっきりしました。

相場の上手い人は、相場の濃淡が分かっているのでしょう。例えば、1ドル115円から114円へと、114円から113円への違い。同じ1円差ですが、前者のレンジではドル買い注文が多い、或いはテクニカル的に抵抗線だとか。これにより、容易には114円を抜けない(=濃い)。一方で後者にはそれがないので、ここまで来ると容易に113円を抜けてしまう(=薄い)。

相場がこれから円高になるか円安になるかの確率は、大抵1/2ずつでしょう。もし、いつでも或る相場でロングして+1円に指値、-1円にストップを入れたとしたら、短期的な勝ち負けは半々、手数料やスプレッドの分だけは損していくでしょう。+1円に指値、-2円にストップなら、勝率は2/3で、しかし損益は手数料+スプレッドだけ損していくでしょう。1)に該当する悪い取引の仕方です。

利益を上げるには、例えばロングするときには、その相場より円高方向が濃く、円安方向が薄い状況を選ぶべきです。上の状況で、115円でロングすれば、114円のストップにヒットする可能性は低いでしょう。

Photo

これが分かれば苦労しない! まさにその通りです。そのためには経験と知識を蓄積するしかありません。そして、それまでに退場しないことも大切ですね。

Banner_03_2いつか勝てる日が来ることを信じて・・・

|

« FOMC後 | トップページ | ドル・カナダ大接近 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/8018884

この記事へのトラックバック一覧です: 塾長のお言葉:

» トヨタ自動車の自由空間 【マークX ジオ】 発売 [とぴっくす【VIEW】]
東京モーターショーの開催も間近になり各メーカーの秋の新車攻勢が始まってきましたね トヨタよりマークXの派生モデルとして 【マークX ジオ】が発売となりました 多人数乗りの高級セダンというイメージでしょうか あまりファミリーカーしていないファミリーカーをお探しの方は良いかもしれませんね [続きを読む]

受信: 2007年9月26日 (水) 18時20分

« FOMC後 | トップページ | ドル・カナダ大接近 »