« サブプライム再び!? | トップページ | 来週1週間は »

2007年8月11日 (土)

来週は・・・

狂乱の1週間が終わりました。先日のNZD5枚Lは、見事に散りました。改めて分散投資の重要性を思い知りました。

そのNZDの散った原因ですが、外為どっとこむ、マット今井氏、ブログ上位の方々のコメントから、フランスの大手民間銀行BNPパリバ傘下の、サブプライムローンに投資した3つのヘッジファンドの資産を凍結したと報じたことを受けて円買いが膨らみ、損失覚悟の円買い・ドル売りを巻き込んだためとのことでした。

昨夜の持ち直しは、日米欧の中央銀行の30兆円の協調介入のためらしいです。もの凄い額です。当局の決意の程が窺われます。パリバ関連はこれで終息、おそらく来週明けは円安基調で始まるでしょう。問題は、サブプライムローン関連のさらなるサプライズが出てくるかどうかでしょう。お盆で大きく動く可能性もあるでしょう。

来週の方針は、あまり動かないことになりそうです。大きく円高に振れた時に難平はレバが上がって危険ですし、円安になったときにもいつサプライズが来るか分かりません。

下は、自分の使っている、難平リスク管理の表です。想定する円高相場において耐えられるかどうかを計算してくれます。斜体字の部分が自分で入力するところです。余剰分がマイナスになることすなわち強制ロスカットです(くりっく365において)。良かったら使ってみてください。難平しない人は、買い下がり幅を50とかに設定してください。

「FX.xls」をダウンロード

「FXver2.xls」をダウンロード (想定相場でのレバを追加)

Banner_03 ご協力いただけたら幸いです。

|

« サブプライム再び!? | トップページ | 来週1週間は »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/7494586

この記事へのトラックバック一覧です: 来週は・・・:

» ブラジルエコノミストが、ドル・レアルの2007年見通しを引き上げ [オンライントレードFX技術の初心者入門]
ブラジル中央銀行(BCB)が13日に公表した週間調査によると、ブラジルのエコノミストは、2007年末のアメリカドル/ブラジル・レアル(BRL)の見通しを、さらに、1.85BRL(レアル)と3週連続でドル安・BRL高に修正したということだ。 [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 04時46分

« サブプライム再び!? | トップページ | 来週1週間は »