« 今回の騒動で得をしたのは | トップページ | ダウ13,000割れ »

2007年8月15日 (水)

NYでどうなるか

ずるずると円高が進み、ストレスの大きい日々が続きます。
精神衛生のため、もう少しリスクポジションを減らしました。

NYダウが、先日指摘した13,000まで落ちています。ここで跳ね返るか、サポートを破るか、重大な節目と思われます。破られると、10,000まで有り得るか、大変なことになると思います。今夜が山場な気がします。

どこまで円高が進むのか。月足と12ヶ月移動平均線で検討します。
ドルは、移動平均線を既に割り込んでいますが、次のサポートは116円ちょうどあたりでしょう。ユロドルの調整もありますから、そこまでは行くでしょう。しかしこれを割ったら・・・どこまで逝くんでしょうかね? 110円も割る勢いでしょうか。
ドルよりも他通貨の方が下落の勢いが激しいですね。去年から12ヶ月移動平均線あたりで戻る形を取っています。ひとまず行くところまで行った気はします。もしこれを大きく破るようなら、ユーロ150円、ポンド225円、羊90円、キウイ80円も割れそうな気がします。

今週が終われば買い本尊様方が復活されるのでこれ以上の円高はあまり進まなくなると思うのですが。
ヨーロッパ旅行者は、帰ってきて(゚Д゚)ポカーンでしょうね。

Banner_03 皆さん何とか乗り越えましょう。

|

« 今回の騒動で得をしたのは | トップページ | ダウ13,000割れ »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/7547525

この記事へのトラックバック一覧です: NYでどうなるか:

« 今回の騒動で得をしたのは | トップページ | ダウ13,000割れ »