« 7/3のイベント | トップページ | 2007年3月の予想と実績 »

2007年7月22日 (日)

団塊世代

最近お祖母ちゃんが投資信託を買ったそうです。詳しく聞くと、某地方銀行の定期1,000万円に満期が来たので、行員に勧められて、投資信託「世界のサイフ」を500万円と、これに伴うプレミアム円定期6ヶ月年利2%を500万円を、その場で決めたそうです。

この円安の時期に、分散もせずに投信、しかも短期間高金利の円定期。突っ込みたいところは色々ありますが、要するにこれが団塊マネーだということなんですね。お祖母ちゃんは庶民としては多少お金のある方でしょう。10年前に亡くなった公務員の夫の遺族年金あり、本人もちょっと前まで働いており、差し当たって生活には余裕があるようです。今回の投資のデメリットを話したら、「じゃあ、来月また1,000万円満期が来るから、その運用方法を教えてね」と、意に介しません。そして、回りの同世代の友達などはみんな同じように投信を買っているそうです。

この投信「世界のサイフ」は、比較的高金利で高格付けの外国10カ国の債権のファンドですが、最近銀行が売り込んでいるようです。グロソブと違って日本は入っていないので、悪くはないとは思いますが。団塊世代がこぞって買っている・・・我々若い世代とは比較にならない額の、円売り一辺倒のマネーが動いているんですね。円高は果たして来るのだろうか。途方に暮れる思いです。

Banner_03_7 賛成の方、お願いします。

|

« 7/3のイベント | トップページ | 2007年3月の予想と実績 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/7238818

この記事へのトラックバック一覧です: 団塊世代:

« 7/3のイベント | トップページ | 2007年3月の予想と実績 »